妊活に基礎体温を生かそう!パターンからわかる体の状態とは

基礎体温を妊活に役立てる方法

基礎体温
妊活を行う上で不可欠な基礎体温。
妊活を始める為に産婦人科に行っても、基礎体温を測っているかどうかは一番に聞かれるくらいです。
なぜそんなに大切なのかというと、基礎体温を毎日測ってチェックすることで、自分の身体の状態をチェックできるからです。
周期ごとの体温の上下を見る事で、排卵など妊娠しやすい状態になっているかなどが分かるようになっています。

正しい測り方が妊活に大切

基礎体温は毎日測定します。毎日記録することで体調の変化が分かるからです。
通常の体温計は小数点第1位までしか表示されませんが、基礎体温計は小数点第2位まで細かく測定してくれます。
そんなに細かい温度変化を測って違いはあるのか、通常の体温計ではなぜだめなのかと疑問に思いがちですが、
ここまで細かい変化を知る必要性があるのは、女性の毎月の体の変化がそれほど細かくて繊細だからです。
通常の体温計ではこの細かい変化が測定できないので、基礎体温計を使うのです。

毎朝同じ時刻に測る

基礎体温は寝起きに測定します。
一番正確なのは寝ている時の基礎体温を測る事ですが、それは不可能なので寝起きに測定するのです。
毎日同じ時刻に同じ条件で測定する事で、正しい基礎体温の変化を知る事が出来ます。

舌の裏側中央の根本で測定する

基礎体温は下の裏側の中央部分の根本で測定します。
これは舌の上で測ると、0.1℃前後の誤差が出てしまうからです。
舌の裏側で一番高温になるのが中央の根本部分で、この部分が外の変化を受けにくい部分という事になります。
測る時は毎回必ずこの部分に当てて、体温計がずれないように手でしっかりと支えて測定します。

安静な状態で測定する

そして少しでも動くと体温が上がってしまうので、寝たまま同じ姿勢で測定する事も大切なポイントです。
これは基礎体温が小数点第2位という細かい数値まで計測する為で、少しでも条件が変わるだけで正確な体温が測定できなくなってしまうからです。
基礎体温を正確に測定するには、条件が細かく少々面倒に感じるかも知れませんが、それほど体はデリケートに出来ています。
正確に測定できなければ意味がなくなってしまいますから、面倒でも正しく測定しましょう。

生理周期にあわせて、低温期と高温期に分かれる

基礎体温はただ測定するだけではありません。
毎日の測定結果を折れ線グラフで描く事で、低温期と高温期の差がひと目で分かるようになります。

低温期

低温期とは月経開始日から排卵日までの期間をいい、排卵日を境に月経期と卵胞期に入ります。
月経期とは月経期間の事で、妊娠に備えて厚くなった内膜をリセットして、次の妊娠に備えるのです。
月経期が終わると卵胞期に入ります。
卵胞期は排卵の準備期間です。
この時期に卵巣内の原始卵胞が成長して、成熟した卵子が排卵されると排卵期となるのです。

高温期

排卵日を境に排卵期と黄体期(高温期)に入ります。
排卵期とはその名の通り排卵日の事を指し、排卵すると黄体期に入るのです。
黄体期とは、排卵すると黄体ホルモンが分泌される事からきています。
黄体ホルモンは体を高温に保つだけでなく、妊娠の成立と継続に欠かせないホルモンです。
この高温期が14日以上続く場合は、妊娠している可能性が高くなります。

排卵日

排卵日は最低温日(最低体温日)となります。
基礎体温を測ることで排卵日が予測できるようになります。
ですが、それもあくまでも予測。
最低体温日に必ず排卵するとは限りません。
より正確に排卵日を知りたい場合の為に、排卵検査薬も販売されています。
排卵検査薬とは、排卵直前に尿中に含まれるLHという黄体形成ホルモンの濃さに反応して排卵日を予測するものです。
排卵日の数日前から毎日検査する事によって、反応の濃さの変化を見るのです。
排卵検査薬は調剤薬局や通販などで手に入りますので、基礎体温プラス排卵検査薬でより正確な排卵日を知り、妊活に取り入れましょう。

基礎体温計の数値

基礎体温計で測定して、36.7℃以上が高温期の目安です。
低温期と高温期の差は0.3~0.5℃となっているので、個人差はありますが高温期になると排卵日の最低体温日から高温になり、
月経が始まると同時にまた低体温期に戻るという周期を繰り返すのです。

基礎体温と妊娠しやすい日

基礎体温を測り始めたら、妊娠の可能性が高まる日を基礎体温表から見ていきましょう。
基礎体温の変化を見て、自分なりのタイミングを計ってみることができます。
ただし、基礎体温だけで確実な排卵日を知ることや排卵日を事前に知ることは難しいので、あくまでも参考程度ととらえます。

低温期と高温期の状態からわかること

基礎体温
基礎体温を毎日測定していくと同時に、折れ線グラフを描いていきましょう。
市販の基礎体温表にはグラフを描くページがありますし、スマホのアプリやネットでも基礎体温を毎日記録できるサービスがあります。
測定する事によって、1周期中には低温期と高温期の期間がある事や、折れ線グラフから体調がわかるようになります。

低温期と高温期が二相に平均的に分かれる

低温期と高温期の差が0.3~0.5℃、高温期が36.7~37℃で12~14日間続くと妊娠しやすい体温といわれています。
平均的なグラフは低温期、排卵日、高温期と3つに分かれているのです。
二相に分かれているグラフによって、正常に排卵していてホルモンの分泌もちゃんとされているという事がわかりますが、
基礎体温は風邪などのちょっとした変化で変わりやすくなります。
綺麗な二相に分かれていない周期があっても、普段が平均的ならそれほど神経質になる必要もありません。

高温期が短い(10日間以内)

高温期が短いということは、黄体ホルモンの働きが低下しているか分泌量が少ないという理由が考えられます。
黄体ホルモンは妊娠の成立と継続に欠かせないホルモンですから、このホルモンが不足してしまうと妊娠しにくくなってしまうのです。
これを黄体機能不全といい、不妊の原因にもなっている症状です。
高温期になるまでに日にちがかかったり、高温期が10日以内と短い期間が続く場合はこの症状が考えられます。

折れ線グラフががたがたしている

基礎体温が理想通りのグラフにならない場合は、身体的な負担以外にストレスなどの精神的な負担によっても、ホルモンの分泌量が乱れやすくなってしまいます。
グラフが低温期と高温期の二相に分かれない場合もありますし、二相に分かれていても排卵日がわかりにくいという場合もあるのです。
基礎体温の変化を見て気になる場合は、基礎体温表を持って産婦人科に相談に行きましょう。
その時、基礎体温は最低でも3周期分くらいのデータがあるのが望ましいです。
理由は先ほどもお話したように、基礎体温が少しの体調の変化でも変わりやすいからです。
1~2周期分のデータだけでは平均的な基礎体温が分からないので、最低でも3周期くらいは様子をみて判断しましょう。

基礎体温をチェックして生活改善

ストレスや冷え性、ホルモンバランス、血行など、基礎体温からわかった身体の状態を改善することで妊娠力をあげることができます。
体質を整えるだけで妊娠しやすくなる場合もありますから、妊活を考え始めたらまずは基礎体温を毎日測定する、
体質改善を心がけるということから始めていきましょう。