妊活中のダイエット→OK?NG?ベビ待ちさん向けのダイエット

妊娠力を高めるため正しい食事を身につける

食事
妊活を始めるにあたり体質の改善を考える人は多いですが、妊活中のダイエットが体質改善に繋がる場合もあります。
それは、妊娠しやすい体の条件として理想的な体重も挙げられているからです。
特にBMIが25以上の肥満は女性ホルモンのバランスが崩れるので、多嚢胞性卵巣症候群になりやすくなるなどのリスクも伴いますから、正しい食生活を身につけることが基本となるのです。

3食バランスの良い食事をする

妊娠に必要な栄養素をしっかり補いましょう。
妊娠に必要な栄養素としては葉酸、ビタミンEが代表的です。
葉酸はほうれん草やレバーに多く含まれていて、子宮内膜の強化や体内の血流促進などの効果があります。
このような効果から着床率のアップや受精卵の成長を助ける効果も出てくるのです。
ビタミンEは妊娠ビタミンといわれているくらい、妊活には欠かせない栄養素となっています。
アーモンドやアボカドなどに多く含まれていて、抗酸化作用が期待できます。
この抗酸化作用により、精子や卵子を活性酸素から守ってくれるだけでなく、精子や卵子の質を上げてくれる働きもあるのです。
他にもホルモンのバランスを整えてくれたりするので、妊活中には摂っておきたい栄養素です。
もちろん、これら以外の栄養素をバランス良く摂取する事によって体質の改善になりますから、手作りや減塩に心がけて、肉や野菜を沢山食べるようにしましょう。

間食は食べ過ぎない

ダイエットをするにあたり間食は大敵です。
間食の摂り過ぎは肥満につながるので適量に抑えます。
とはいえ急に間食を無くしても逆にストレスになりますから、一度に食べる量を減らしたり、カロリーの少ないものを選んだり、
食べる曜日を決めたりして、少しずつ摂取カロリーと糖分を減らしていけるのが理想です。

酵素ドリンクを利用する

今話題の酵素ダイエット。
酵素を摂り入れることで太りにくい体質になるということで、女性だけでなく男性からも注目されているのが酵素です。
酵素は食べ物の消化や皮膚の新陳代謝、血液の循環などを助けてくれる成分です。
生野菜や発酵食品などに含まれていますが、加熱すると酵素が少なくなってしまい、食品のみで酵素を沢山摂取しようと思っても難しいが現状です。
そこで酵素ドリンクで効率的に摂取する事によって、食べ物の消化を助けてエネルギーに変える働きを促してくれるのです。

妊活中のダイエットはやめるべき?

偏ったダイエットをして一気に体重を減らさない

妊活中のダイエットをするにあたり、注意しなければならない事がいくつかあります。
まず1つめは、体重を一気に減らそうとして無理なダイエットをしない事です。
急激な体重減少は、女性ホルモンのバランスが崩れて月経不順や無排卵になる可能性が高くなりますから、妊活には逆効果となってしまいます。

偏った食事ダイエットはやめる

ダイエットに効果的な食事制限ですが、偏った食生活となるダイエットは辞めましょう。
妊娠に必要な栄養素が不足してしまいますし、貧血や冷え症になり妊娠しにくくなったりもします。

過度の食事制限はやめる

体重が急激に減ると、女性ホルモンが崩れ無排卵になり逆効果となります。
結果を早く出したいからといって食事制限をしすぎてもいけないのです。

野菜のみ食べるダイエット

ご飯や肉類は太るからといって、野菜だけを食べるダイエットも良くありません。
タンパク質が不足すると筋肉が減り、代謝が悪くなり冷え症を招きます。
冷え症は血流が悪いので生殖機能が低下する恐れもあります。
バランスの良い食事内容と適度な運動を取り入れて、健康的に痩せられるダイエットをしましょう。

妊活中のダイエットはいい?

ヨガ

適性体重(BMI20~24)になると妊娠力が高まる

妊活中のダイエットはした方が良い場合もあります。
太り過ぎは妊娠力を低下させてしまったり、妊娠中にも様々なリスクを伴います。
適正体重になると妊娠力が高まりますから、BMIが25以上の人はダイエットをして、健康的で妊娠しやすい体づくりをしましょう。

肥満になると多嚢胞性卵巣症候群になりやすい

肥満になるとインスリンの量が増加し、男性ホルモンの量が増加して月経不順などの症状を引き起こす事もあります。

脂肪が多いと女性ホルモンのバランスが崩れる

脂肪細胞が増えると女性ホルモンが崩れるので、排卵や卵子の成長に影響する事もありますから、妊娠しにくい体になってしまいます。

排卵障害を起こす

肥満になると高インスリン血症になり、正常の排卵が抑制されます。
体重が減るとインスリン抵抗性が改善し、排卵も回復していきます。
妊活中のダイエットは妊娠しやすい体になる、排卵や生理周期が整うなどのメリットがあります。
でもこれはあくまで肥満気味の方に当てはまる事なので、適正体重の方や痩せすぎの方は無理してダイエットは行う必要はありません。
ただし、適度な運動や食事内容の改善などの体に良い事は取り入れてもかまいません。
妊活を考え始めたら、体質の改善は積極的に行っていきましょう。