年齢別の妊娠確率→あなたの妊娠の確率は?

自然妊娠するには、卵子が受精し着床しなくてはなりませんが、やはり年齢を重ねることで受精する確率も、着床する確率も低下してしまいます。
なので、妊娠できる確率は年齢が上がるにつれ下がってきます。

女性は35歳を境に一気に下がります。
特に女性は年齢とともに妊娠しにくくなってしまうのです。

20~30代前半

女性
自然妊娠の確率は25~30%と高いです。
ただこれは、生理周期が安定していて妊娠しやすい女性の確率です。

もちろん偏った食生活をしていたり、ストレス、生活習慣の乱れなどにより卵子や精子の質が低下してしまった場合は確率も低下してしまいます。
20~30代前半だからと安心して卵子や精子の質を下げてしまっては意味がありません。

確率の高い時期だからこそより卵子や精子の質を高め、妊娠の確率を高めましょう。

35歳

35歳になると18%と急に確率が下がります。
卵子は年齢を重ねるにつれ質が低下してしまうことに加えて、卵巣にある卵子の数も減少していくため自然妊娠の確率も低下してしまいます。

20代で妊娠するまでの平均期間は2~3ヶ月であるのに対し、35歳を超えてしまうと平均6ヶ月以上かかってしまうのです。
35歳以上での出産は高齢出産とされているように、高齢になるにつれ妊娠・出産にリスクがついてきます。
高齢出産のリスクをよく理解し、卵子の老化を予防をするなどより良い妊活をしていきましょう。

40歳

40歳になると5%と一桁になり、45歳以上になると1%となってしまいます。

やはり卵子や精子の老化が進んでしまい遺伝子や染色体にも異常が起きやすくなり、受精もされにくくなってしまうからです。
これに加え、喫煙や飲酒、生活習慣の乱れがあればさらに確率が低下してしまうため、妊娠しやすい体作りはさらに大切になります。

40代での妊娠率は低いとはいえ、妊娠できないわけではありません。
妊娠しやすい体作りをし、自然妊娠だけではなく別の妊娠方法を視野に入れながら妊活をするとよいでしょう。

年齢別の授精確率は、人工授精で高くできる

女性の年齢や生殖機能が若いと授精確率は高くなり、人工授精は自然妊娠よりも妊娠する確率は高くなります。
人工授精とは、男性がマスターベーションで精液を採取し、精子の洗浄濃縮をし、元気な精子を子宮内へ注入する方法です。

いたって自然妊娠に近い方法で、卵子と精子の出会いを助けるだけで、受精・着床などは自然妊娠と変わりないのです。
自然妊娠だけにこだわるのではなく、視野を広くし妊娠の方法を考えてみましょう。

30代後半

30代後半の人工授精での受精確率は33%と30代前半に比べると徐々に低下してしまいますが、確率としては自然妊娠より高いです。

やはり、人工授精は自然妊娠よりも確率が高いとはいえ年齢を重ねれば人工授精の成功率も下がってしまいます。

なので、年齢を重ねる前に人工授精を受けることもよいでしょう。

40代前半

40代前半の人工授精での確率は20%と、自然妊娠の5%と比べても自然妊娠よりも確率が上がっていることが分かります。
さらに栄養バランスの良い食事をし子宮環境を整えたり、ストレスを溜めない、冷えの対策を行うなど妊娠しやすい体作りも行い確率を上げましょう。

45歳以降

45歳以降ともなると、人工授精とは言え確率は一桁になってしまいます。

そのため、人工授精よりも確率の高い体外受精や顕微授精が選ばれることがあります。
40代後半での不妊治療には時間もお金もかかってきてしまうことが考えられるので、パートナーとよく相談し状態にあった治療をしていきましょう。

女性が40代になると妊娠の確率が低下する理由

妊娠の確率を低下させてしまう一番の原因は卵子の老化による質の低下にあるといえるでしょう。
女性は胎児の時から、原子卵胞という卵子になる細胞の数が決まっています。

後から新しい卵子が作られることがないため、年齢を重ねるごとに卵子はダメージを受け老化してしまい、卵子の質が低下し受精・着床する確率も低下してしまうのです。
老化してしまった卵子を若返らせることは不可能なため、今ある卵子を良質な状態に保ち、卵子の老化を減速させることが重要になってくるのです。

受精に失敗する確率が高くなる

卵子は胎児のときから数が決まっているため新しく作り出されることがなく、年齢とともに卵子も老化し元に戻ることはできません。
卵子が老化すると、受精に失敗する可能性が高くなるのです。

卵子が老化してしまうと、形がいびつになったり楕円形になってしまい、形の整っていない卵子は受精しにくくなっているうえに細胞分裂と着床もされにくくなってしまい、結果妊娠の確率も低下してしまうのです。

また、卵子が老化することで染色体に異常が発生してしまい、精子と出会っても受精しずらくなったり、もし受精できたとしても上手に細胞分裂できず着床に至らないといったトラブルが起こります。
高齢になるにつれ未成熟のまま終わってしまう卵子の割合が増えることも、受精する確率を低下させる要因なのです。

このように、卵子が老化し卵子の質が落ちてしまうと様々な要因で受精しずらくなってしまうのです。

着床に成功する可能性が低くなる

着床の確率を下げてしまうのは卵子の老化のほか、冷え性が原因と考えられます。
卵巣や子宮は、身体の中でも特に冷えに弱い部分なので、黄体機能不全などの着床率を下げてしまう原因の多くが冷えにあるといえます。

このことから、身体の冷えを取り除く必要があり、特に下半身の冷えには注意しなければなりません。
冷えの対策としては、ウォーキングをしたり、しっかりと湯船につかり入浴すること、身体を温める食べ物・飲み物を摂取することなどがあります。

また、子宮を温めなくてはいけないので、腹巻をしたり、カイロを利用することも効果的といえるでしょう。
日々冷えには注意をし、身体の改善へと努めていきましょう。

卵子の質の低下

女性
卵子の中にあるミトコンドリアも老化に変異を引き起こしてしまうことで卵子の質の低下に繋がります。
ミトコンドリアとは、卵子などの細胞の中にある細胞を維持するための小器官と言われるものの一つで、細胞分裂や細胞維持に必要なエネルギーを生み出してくれるのです。

年齢を重ねることで、ミトコンドリアの数も減少し、エネルギーが不足してしまうため、卵子へのエネルギーの生産や傷を修復する力が弱くなり、卵子の質の低下を招いてしまうのです。

このミトコンドリアを増やす方法としては、少しきつめの有酸素運動をすること・背筋を伸ばして生活すること・食べ過ぎないことです。
少しきつめの有酸素運動とは、軽めのジョギング、エアロビクス、速足のウォーキングなどです。
ミトコンドリアは、空腹を感じると増える性質があるため、食事前に運動するとより効果的です

またミトコンドリアは、筋肉に多く含まれているので、日常的に背筋を伸ばす意識を持って生活をしていれば自然と筋肉量が増えミトコンドリアも増やせるのです。
ミトコンドリアは、日常でできることで増やすことができるので、ミトコンドリアを増加させ、卵子の質を維持するころに努めましょう。

妊娠の確率は目安に

妊娠する確率は目安なので、まったく妊娠しないわけではありません。なので、妊娠力を上げる方法を実践していきましょう。

ですが、年齢が上がっていくほど妊娠しずらくなるのは事実なので、妊娠するための体の準備は積極的に行わなければなりません。

生活習慣の乱れや、喫煙飲酒など卵子の老化を進めてしまう生活をしていては、妊娠の確率を低下させてしまうだけです。
また妊娠する方法は、人工授精などの方法もあるので、自然妊娠にこだわらず、今の自分に合った方法を試していきましょう。